背中ニキビの原因

さて、まずは原因から見てみましょう。背中ニキビの原因は、大きく分けて3つです。

過剰な皮脂分泌

まず、過剰な皮脂分泌があげられます。背中はもともと皮脂分泌が多い部分なので、意識的にケアしていかないと不衛生な状態になりやすいパーツです。

過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまったことで生じるのは、ぷっくりふくれた白ニキビ。ここからさらに、皮脂をエサにするマラセチア菌が繁殖して炎症が起こってしまうと、赤ニキビに悪化します。

炎症が起こった部分はどんどん腫れ上がって、ひどく気になるのが通常です。

赤ニキビの部分が気になって掻きむしってしまうと、より範囲が広がるリスクがあります。

赤ニキビができるところまできた背中は、すぐにきれいにはできません。改善したとしても、ニキビ跡が目立ちます。背中ニキビがあった場所に色素沈着が残ってしまうと、きれいな状態にもどすのは大変です。

衣服や汗などによる背中の摩擦

次に、衣服や汗などによる背中の摩擦が考えられます。汗をかいた後にシャワーを浴びずに放置したりゴシゴシ強い力でこすったりすることで、表皮層が分厚くなっていくことが、背中ニキビを招く原因です。

摩擦ダメージからターンオーバーリズムが乱れていくと、毛穴詰まりを起こしやすくなって背中ニキビを招きかねない状態になってしまいます。では、ターンオーバーを促すためにしっかり洗えばいいかというと、そう単純ではありません。

潤いを維持するために必要な皮脂までこすり落としてしまった場合、乾燥ダメージが蓄積します。乾燥した肌はバリア機能が低下して、炎症を起こしやすい状態になるものです。無防備になった肌を守るためにさらに皮脂を分泌させると、悪循環になってしまいます。背中がかゆいときに掻きむしってしまうのも良くないので、患部を冷やして対処しましょう。

熱いお風呂からあがった後は血行が良くなってかゆみが悪化しやすいため、温めすぎには気をつけます。

化学繊維など肌の負担になりやすい衣服も、背中のかゆみや違和感の原因でしょう。肌にやさしく通気性が良い下着を身に付けて、デリケートな背中を守ります。

ホルモンバランスの影響

最後に、ホルモンバランスの影響も考慮しましょう。

生理前や過剰なストレスが重なったときなどにホルモンバランスが崩れることで、バリア機能が低下したタイミングが危険です。菌の繁殖をブロックしてくれるバリア機能が低下すれば、原因菌が繁殖しやすい状態になっていきます。

普段は刺激に感じない衣服や洗い方にも敏感に反応して、背中ニキビが悪化してしまうリスクがあります。

過剰なダイエットや睡眠不足などちょっとした生活の変化で、ホルモンバランスは不安定になりがちです。身体の冷えや加齢によってもホルモン分泌量は影響されて、多すぎるのも少なすぎるのも望ましくない状態といえます。

定期的に背中ニキビが悪化するという方は、ホルモンバランスが不安定になっているサインとも受け取れます。生活全般を見直して、バランスの改善に努めましょう。