背中ニキビの予防方法

背中ニキビの予防方法

背中ニキビを予防するため、正しい身体の洗い方と石鹸選びが重要です。意識したい洗い方のコツは2点あります。

シャンプー後に身体を洗う習慣をつけること

1点目は、シャンプー後に身体を洗う習慣をつけることです。シャンプーやトリートメントが背中について残ってしまうと、背中ニキビの原因となります。

すすぎ残しがないようにするためにも、シャンプーからはじめましょう。

トリートメントなどまで含めた一連のお手入れを終えたところで、他の部位を洗っていきます。皮脂分泌が多くてニキビが目立つところから洗うといいので、背中からスタートするのがおすすめです。

皮脂がでにくく乾燥しやすい部分は、最後のほうに洗います。

背中や身体の洗い方

2点目は、背中や身体の洗い方です。石鹸やボディソープをよく泡立ててから身体につけて、やさしく滑らせるように洗いましょう。

化学繊維のタオルなどかたい素材を使うと、肌を傷つけてしまうリスクがあります。背中ニキビが気になる方には、あまりおすすめできません。コットンなど天然繊維のやわらかいボディタオルもしくは素手を使って、肌をいたわりながら洗いましょう。

手で洗う場合はとくに、隅々まで丁寧にケアします。

手が届きにくい部分までしっかり洗えたことを確認したら、他の部分へと進みましょう。

身体がかたい方は、ボディタオルの併用もおすすめです。どちらがより良いと決めつけるものではなく、肌質に合わせた選択を意識しましょう。

石鹸やボディソープですが、薬用タイプをおすすめ

石鹸やボディソープですが、薬用タイプをおすすめします。

背中ニキビの予防効果が期待できる成分が入っているアイテムをいくつか試して、肌に合うものを選びましょう。

着色料やエタノールなど肌の刺激になりやすい成分を使っていないことも注目したいポイントです。

ベタつきがとくに気になる時期なら、汚れ吸着成分が入ったものもいいでしょう。ただし、スクラブ入りなど肌を傷つけやすいアイテムは控えて、刺激が少ないものを選択します。

顔の毛穴ケアにもしばしば使われているクレイ入りの石鹸やボディソープは、背中のお手入れにもぴったりです。皮脂を吸着して汚れと一緒に洗い流していくことで、衛生的な状態を保ちます。

古くなった角質を落としてターンオーバーを促すねらいもあり、白くて美しい背中をサポートしていく効果にも注目です。

お風呂上りは保湿も忘れずに!

お風呂からあがったら、薬用美容クリームや化粧水ミストで保湿しましょう。

コラーゲン、ヒアルロン酸など顔の保湿に使うような成分は、背中のケアにも活用できます。

おすすめケア商品をあげるとしたら、ルフィーナです。サラサラした質感なので、ベタつきが気になる季節にも活用できます。

プラセンタ、カモミラエキスなど美白成分がたっぷりと入ったやわらかいクリームがデリケートな背中にすっと浸透。ニキビができにくく、健やかな素肌をサポートします。背中に使えるケアアイテムは他にもたくさんありますが、成分の記載をチェックしましょう。

パラベン、着色料など人間の手で作られた余分なものが入っていると、刺激になってしまいます。

背中ニキビ予防は肌のバリア機能を維持することが重要なので、なるべくやさしい成分のケアアイテムがおすすめです。